HASAMI × manucoffee [005] “JI⇄KI” -Special edition-
5d7b6dede4fc39165c46be3b 5d7b6dede4fc39165c46be3b 5d7b6dede4fc39165c46be3b 5d7b6dede4fc39165c46be3b 5d7b6dede4fc39165c46be3b

HASAMI × manucoffee [005] “JI⇄KI” -Special edition-

¥4,000 税込

送料についてはこちら

  • ルリ

  • コバルト

  • セイジ

  • ハクジ

HASAMI × manucoffee [005] “JI⇄KI” -Special edition- MATERIAL :磁器 price : 4,000yen 産地 :波佐見 / 日本 Type : RURI (瑠璃) / COBALT (コバルト) / SEIJI (青磁) / HAKUJI (白磁) ⭐︎製作風景 https://youtu.be/CartmWIyzqE 毎日の生活に手放せないマグカップ。 波佐見焼と、肥前文化を継承し、形の残る"道具"を作り続けるマルヒロさんとの第5弾は、特別仕様&限定数のみの展開! 今回、マルヒロのブランド"BAR BAR”でのオリジナル作品からインスピレーションを受けた逸品。波佐見焼を知り尽くし、生み出した配色はアートや、インテリアとしても存在する佇まいで、職人さんの手作業で生み出される高級感ある仕上がりです。それぞれの特徴を持つ技法で、製作された風合いは1個1個に表情があります。 一つ一つの出逢いとして楽しめるマグカップとなりました。 是非このカップで、コーヒーと豊かな時間を過ごしてみてください。 下記、注意項目がありますので、事前にお読みください。 1)RURI (瑠璃) 焼き物の生地に染み渡る特殊な絵の具を使用し独特のムラや、個体差が生まれ、こちらも石や紙のようなマットな風合いを演出。 青磁と染み渡る特殊な絵の具との融合が、ひとつひとつ異なる表情を楽しめます。落ち着いた日本的な佇まいは世代を問わず目を奪われるRURI ※注意点 : ①変化しやすい着色技法のため、生地の厚みや窯の温度の違いにより、色合いに個体差が出ます。 ②釉薬表面の細かなヒビ模様を貫入(かんにゅう)と言います。陶土と釉薬の収縮率の違いから生じるもので、人為的にできたヒビではありません。年数をかけ少しずつ貫入が生じますが割れる心配はありません ③ヒビ模様には個体差があります。 ④表面のヒビから吸収した汁気や油分がシミ、ニオイ、カビ等のもとになることがあります。ご使用の前に「目止め」を施しておくと、生地が吸収したとぎ汁のデンプン質が目をふさぎ、その後のお手入れをスムーズにしてくれます 2)COBALT (コバルト) 焼き物の生地に染み渡る特殊な絵の具を使用し、独特のムラや、個体差が生まれ、石や紙のようなマットな風合いを演出。 上部には「ワラ白」と呼ばれる白濁した釉薬を使用しており、光沢感とのコントラストが心を落ち着かせるような色味を持つCOBALT ※注意点 : ①変化しやすい着色技法のため、生地の厚みや窯の温度の違いにより、色合いに個体差が出ます。 3)SEIJI (青磁) 深い歴史を持ち、淡く、上品で透き通った水色の「青磁」を施し、釉薬の境目には神秘的な金のラインが浮かび上がります。 青磁のかかった部分には貫入と呼ばれる小さなヒビが見られ、一つ一つ異なる表情を楽しめるSEIJI ※注意点 : ①釉薬表面の細かなヒビ模様を貫入(かんにゅう)と言います。陶土と釉薬の収縮率の違いから生じるもので、人為的にできたヒビではありません。年数をかけ少しずつ貫入が生じますが割れる心配はありません ②ヒビ模様には個体差があります。 ③表面のヒビから吸収した汁気や油分がシミ、ニオイ、カビ等のもとになることがあります。ご使用の前に「目止め」を施しておくと、生地が吸収したとぎ汁のデンプン質が目をふさぎ、その後のお手入れをスムーズにしてくれます。 4)HAKUJI (白磁) 石膏像のようなオチつたトーンの白さを持つ素地と、釉薬のかかった部分はペンキのホワイトのような光沢感と、無機質な白さを持ち合わせる。2つの異なる「白」がシンプルで静かながらも凛然たる佇まいのHAKUJI ※注意点 : ①表面に光沢のない釉薬です。マットの程度には焼成時の条件によって個体差がでる場合があります。 [使用区分] 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食洗機:⚪︎ ※家庭用でしたら問題ありません。