金澤バイオ研究所 × manucoffee / manua 『マヌア 培養土 』
5c1a032b1444483ebdec84b6 5c1a032b1444483ebdec84b6 5c1a032b1444483ebdec84b6 5c1a032b1444483ebdec84b6

金澤バイオ研究所 × manucoffee / manua 『マヌア 培養土 』

¥300 税込

送料についてはこちら

<マヌア 培養土> [土と植物の薬膳 × 珈琲 - 100%天然有機肥料 - ] 容量 : 0.6L / 約450g [4号鉢分] パッケージサイズ (mm) : H160×W210×D60 価格 :1pac 300円 製造 : 金澤バイオ研究所 販売 : manucoffee [コメント] 土壌へと還る高品質天然有機肥料 = マヌア! 懸念材料だった「コーヒーの豆カス・チャフ」の廃棄問題。2つの素材を積み重なる分析と試行錯誤を経て、有機肥料に転換することができました。 この肥料は、『HT 菌※2』という新しい技術を用いて、温度が極めて高くなることにより、大地の源となる『腐植※3』の促進が短時間で実現。充分な腐食により植物の栄養分となるミネラルを蓄え、土の榴弾構造で通気、保水、排水の高い乗る力がある完熟有機肥料となりました。 土壌改良から、全ての植物に使用いただけます。 1杯のコーヒーを淹れる際に必ず出る”豆カス”と、焙煎後に出る”チャフ(薄皮)” そのまま捨てれば、環境負荷の高い生ゴミになってしまいます。 この問題解決に、土壌研究の専門家「金澤バイオ研究所」と積み重なる分析と試行錯誤を経て、有機肥料に転換することができました。 名前の”マヌア”は、manure (肥料)の意と、manu coffeeの店名を掛け合わせました。 コーヒーの豆カス廃棄の改善策になることを目指します。 Improvemet!! ※1 『金澤バイオ研究所』 土壌研究の専門家である金澤晋二郎先生が、九州大学退官後に立ち上げたバイオ研究所。 福岡を拠点に土壌問題や、製造過程で生じる有機廃棄物の活用など、実用的な土造りの問題を先進的な技術と研究力をもって積極的に取り組んでいます。 http://www.kanazawa-bio.com/ ※2『HT菌 』 Hyper Thermophilic Bacteria [超高熱細菌 発酵製法] 高熱細菌の働きにより、約90℃の熱で原料を発酵。病原菌や雑草種子が死滅しているので安全です。完熟しているので、匂いも気になりません。 ※3 『腐植』 有機物が土壌中で、微生物の作用により分解してできたもの。植物にとって心地よい環境が向上し、肥料としてすぐれている。